協和水処理サービス株式会社
水処理とオルガノ商品のActive Solution Platform
 0480-61-7199

〒347-0042
埼玉県加須市志多見1967-1
営業時間 8:45〜5:45
環境分析 環境分析
分析機関とのネットワークによる迅速な分析でお客様のニーズにお答えします。

環境分析 水質分析
分析会社:関東環境科学株式会社
水質分析
飲料水
井戸水
工業用水
クリプトストリジウム
レジオネラ属菌
工場排水

など水質分析全般、受け賜ります。
土壌等
溶出試験
含有試験
ダイオキシン
放射性物質
土壌の溶出試験
ばい煙測定/作業環境測定
ボイラーに係るばい煙測定(大気汚染防止法)法第16条、規則第15条
対象物質 施設・規模等 測定回数 測定方法
硫黄酸化物に係るばい煙量 ばい煙量10m3N/時以上 2月を越えない作業期間ごとに1回以上 規則別表第1の備考
ばい煙量10m3N/時以上で
特定工場等に設置されている施設
常時
燃料の硫黄含有率 硫黄酸化物に係るばい煙発生施設 規則別表第1の備考の2、又は含有率が確認できる他の方法
ばいじんに係るばい煙濃度 ガス専焼ボイラー、ガスタービン、ガス機関 5年に1回以上 規則別表第2の備考
排出ガス量4万m3N/時未満で上の欄の施設以外 年2回以上
(年間6月以上継続休止する施設は年1回以上)
上の2つの欄の施設以外 2月を超えない作業期間ごとに1回以上
窒素酸化物に係るばい煙濃度 排出ガス量4万m3N/時未満 年2回以上
(年間6月以上継続休止する施設は年1回以上)
規則別表第3の2の備考
排出ガス量4万m3/時以上で
特定工場等に設置されている施設を除く
2月を超えない作業期間ごとに1回以上
排出ガス量4万m3/時以上で
特定工場等に設置されている施設
常時 規則別表第3の2の備考、又は昭57環告49。ただし、昭57環告50。

測定の結果は、様式第7「ばい煙量等測定記録表」により記録し、3年間保存が義務づけられています。 常時の測定の結果は、測定年月日、測定箇所、測定方法及びばい煙発生施設の使用状況を記録し、3年間保存が義務づけられています。
ばい煙測定 ボイラ
ばいえん測定中 ボイラー室
ばいえん測定は環境計量証明事業登録事業所(民間)により測定いたします。その他、作業環境、ホルムアルデヒド、産業廃棄物等の溶出試験、ダイオキシン、土壌、騒音、振動等各種分析・計量証明受け賜わります。




お問い合わせはメールあるいは電話・FAXにて承ります。
ボイラ薬品のページへ