水のオルガノ 協和水処理サービス株式会社
水処理とオルガノ商品のActive Solution Platform
 0480-61-7199

〒347-0042
埼玉県加須市志多見1967-1
営業時間 8:45〜5:45
ユニット式生物処理装置
回転児雷也
(メーカー:株式会社エイブル)
回転児雷也のつよみ
安価で高性能。負荷変動に強い装置です。
メンテナンスフリー。維持管理に専門的な知識・経験は不要です。
仕様の標準化により常に安定した品質をお約束いたします。
省スペース化。槽高を高くすることで必要容積を確保し、狭い場所への設置を可能にしました。
工場製作のため、工事は搬入した装置ユニットをクレーンで基礎ベースに設置した後、配管のつなぎ込みと電気工事がメインになります。現場工事の簡素化と工期短縮が図られます。
大規模な土木工事は必要ありません。
増設が簡単です。標準仕様品のため負荷量の増加にあわせて増設が可能です。
豊富な増設バリエーション。
同型の装置を並列あるいは直列と如何ようにも連結させる事ができる豊富なバリエーションも魅力のひとつです。

基本的な設置フロー
下水放流の場合のフロー例
回転児雷也による生物処理だけで下水放流が可能です。
原水水質にもよりますが、沈殿槽を置かず処理水をそのまま下水放流出来るケースもあります。こういった場合は脱水機は必要ありませんので、汚泥処分費や薬品費用が大幅に低減できる設備になります。
調整槽タンクと回転児雷也が主なユニットになります。
詳細は水質分析を実施したうえでご提案させていただきます。


標準活性汚泥設備に増設する場合
回転児雷也を前処理装置として設置することでBODの処理能力が大幅に向上します。
こういった2段処理方式は、後段の曝気槽への負荷軽減がはかれて活性汚泥の生物処理が安定する理想的な処理法と言えます。負荷量の増加で苦慮されている場合の改造例として最も多いケースです。
生分解が活発になることで汚泥の発生量も低減します。


河川放流の場合のフロー例
回転児雷也で生物処理後に凝集加圧浮上装置で2次処理することで河川放流可能な水質にまで浄化することが出来ます。
全て標準ユニット化された装置を組み合わせて構築します。施工は各ユニットの設置と配管接続、電気工事がメインとなります。工事費を大幅に削減して高品質な設備を実現させます。



原水
回転児雷也 スーパー加圧浮上装置
放流
↓ 
脱水機
  浮上スカムは脱水処理する。


既設設備の改造
既設の槽を回転児雷也に改造することが可能です。
コンクリートの槽を壊すことなく回転児雷也として再生すれば、解体費用を節約して、処理能力をアップさせることが出来ます。。
 
3.実例集
鋼板製回転児雷也 鋼板製回転児雷也 コンクリート躯体回転児雷也
活性汚泥の前処理設備として増設。
鋼板製(φ7,5m)

既設の埋設FRP水槽を生かした循環生物ろ過方式による処理設備。
鋼板製(φ2.5m)
活性汚泥の前処理設備として増設。
□5m コンクリート躯体
生物膜ろ過法 油脂分解菌 オイルキャッチャー
曝気槽後段に生物膜処理として設置。
既設水槽を改造。
水処理

水処理
排水処理

お問い合わせはメールあるいは電話・FAXにて承ります。